アコム

アコム

カードキャッシングの選択に欠かせないのは金利だと思いますが、即日融資ランキングなど参考にして上手に金利を比較していますか?

 

それに金利自体の水準もよく観察していますでしょうか。以前までは銀行のカードキャッシング等が金利では圧倒的な低金利を獲得していました。しかし、消費者金融にもある動きが見られます。

 

 

銀行と比較しても金利が低い水準となっており、境目がなくなっている状況です。もちろん全てではありません、金利(実質年利)の%がちょっと高いのでは?と思うところも実際あります。そこで最低の金利の%で比較してみると、今もっとも旬なのは、銀行系消費者金融の存在が大きいですね。つまり銀行系列、グループの消費者金融です。

 

 

銀行自体のカードキャッシングでは全体的に4.0%〜となっておりますが、銀行系消費者金融も4%ぐらいからの非常に低い金利を実現しています。アコムも4.7%〜となっています。それに他銀行と比べても、やはり同じようにすごく低い位置での金利を実現しております。どの銀行や系列も消費者を獲得するのにかなりアツイ競い合いをしているので、このような低金利を提供出来るのですね。

 

 

それに消費者金融の人気のカードローンランキングで上位をいつも占めているのも、やはり銀行系列の消費者金融なので、かなりの人気ぶりが見受けられます。このことからも、私の今現在のお勧めとしては、銀行系列の消費者金融がベストだと思います。そこのところを意識して、ちょっと比べてみて下さい。おそらくその違いがすぐにでも認識出来るかと思います。

審査も契約もできるアコムむじんくんの使い方

アコムのむじんくん、その使い方を見てみましょう。
公式ホームページにはタッチパネルで操作、くらいのことしか書かれていませんので実際の中がどのようになっているのか不安に感じているかと思います。
流れを知ることでおそらく不安は解消されるでしょう。

 

むじんくんの中に入るとさらに個室があります。
その個室が契約機となるむじんくんになりますが、個室に入る前に申込書が用意されています。
個室の中にも申込書はありますが、個室にすでに先客が入っている場合には待っている間に申込書に記入をしておきましょう。

 

個室の中にあるのはむじんくんの契約機です。
一見してATMのようになっており、タッチパネルで操作する機会となります。
自動音声で説明が流れますので混乱することはないでしょう。
指示に従って手続きを進めていくばかりとなります。
申込書は記入が完了していますので、タッチパネルに表示される項目の中に申込書の記入について出てきたら記入完了をタッチします。
すると申し込みを画面に置くように支持されますので取り込まれるのを待ちましょう。

 

申込書が取りこまれるとオペレーターから電話があります。
電話と言っても携帯電話にではなく、タッチパネルの横に直通の電話が設置されていますのでその電話が鳴ります。
その後審査があり20分ほど結果ましになります。
審査に可決すればその場で契約書にサイン、カード発行となります。
どうでしょうか?
いたって簡単だと思います。
思い切ってむじんくんに向かってみましょう。

アコムへの申し込み

ここでは、アコムへの申し込み方法をご紹介したいと思います。アコムの申し込み方法は、大きく分けて5つに分類する事が出来ます。インターネットの申し込み、電話、郵送、無人契約機、有人受付の5つです。

 

現在、最もニーズの高い申し込み方法は、ネットを使った申し込みになります。ネットと言っても、パソコン利用者だけに限りません。スマートフォンや携帯、タブレット端末など様々な方法があるのです。

 

また、スマートフォンに向けて「アコム専用アプリ」も用意されているので、非常にスピーディーな申し込みが可能となりました。ガイダンスに従って、アプリから直接申請書類をアップロードする事も出来ます。これらの方法を使えば、キャッシング申し込みが初めての方でも、安心して利用する事が出来るでしょう。

 

また、初めての方には無人契約機(むじんくん)や、有人店舗の利用がおすすめです。有人受付にはアコムのスタッフが常駐しています。無人契約機においても、アコムスタッフと(受話器を通じて)会話をしながら、申し込み手続きを進める事が出来ます。契約で分からない事、不安な事があれば、ぜひこれらの方法で申し込みを行って下さい。

 

もちろん、申し込みをする前に電話で質問をする事が出来ます。契約をする前に、必ずすべての疑問はスッキリと解決しておきましょう。

 

納得した上でカードローンの申し込みを行えば、賢いキャッシング利用に生かす事が出来ます。皆さんが安心出来る方法で申し込んでみて下さい。

他社借り入れはアコムでの借り入れにどんな影響がある?

新規にアコムで申し込みをする場合、アコムでの借り入れと他社借り入れを合わせて年収の3分の1までの金額におさめる必要があります。

 

複数社で借り入れをしていて、もしも現在の借り入れ金額がしっかり把握できていない場合は、申し込み時に記入する欄もありますから申し込み前に確認しておきましょう。

 

借り入れはすべて記入することになりますが、銀行の住宅ローンを利用している場合は貸金業法の対象外ですから年収の3分の1の規定とは別になります。クレジットカードのショッピングも貸金業法の対象外です。ただし、クレジットカードでキャッシングしている場合は、その金額は対象となります。

 

他社借り入れをしているということでアコムで借りられないのではなく、その金額が大きな問題ということになるのです。アコムに限らず貸金業者はすべて、法律によって規制を受けているのです。違反することによって営業できなくなる恐れもあることを考えれば、申し込み者の現在の借り入れ額の把握は最も大切なことなのです。

 

また、借りたいからといって、少なめに借り入れ金額を書くことだけはやめておきましょう。個人信用情報機関に借り入れ総額は記載されています。申し込み者の申告を貸金業者は簡単に確認することができるわけですから、正直に金額を記入しなければなりません。適当な金額を書いているということで、信用されなくなって借り入れができなくなってしまってもしょうがないですよね。